Javascriptの問題

JavaScriptでリンクを貼っている場合は注意が必要です。 JavaScript を使っていて起こる問題があります。それは、JavaScriptでリンクを 表現している場合です。例えばマウスをのせるとメニュ ーが表示されるようなページや、 リンクをクリックするとポップアップウインドウを聞くといったように、 JavaScript を使ってリンクを表示したり、別のページへ移動するようなことは 一般的に行われているテク ニックです。 ところが、これは非常に検索エンジンと相性が悪いのです。このような場合、 リンク先ページの URL はJavaScriptのプログラム 中に埋め込まれているため、検索エンジンがその リンクを検出できない 場合があります。 もし、その先のページへのリンクがJavaScript を利用したものだけであった場合は、そのページは検索エンジンには全く知ることができないページになってしまいます。

この場合には、noscriptタグを利用します。 このタグ内に、 JavaScript に対応していないブラウザや、対応していても使わないように設定されているようなブラウザで表示できるデータを記述します。こ のタグ内の記述は、 JavaScr iptに対応しているブラウザでは無視されま す。 ここにJavaScript内に埋め込まれたのと同じURLをリンクとして
貼り付けておけば検索エンジンはそのリンクを知ることができるようになります。

<noscript>
<a href= “somle.jp” >サンプル</a><br>
</noscript>
このように、検索エンジン対策において有用なnoscript タグですが、 元々検索エンジン専用のタグではありません。JavaScriptに対応していないブラウザや、対応していても使わないように設定されているようなブラウザでも、ここに記述されたデータが表示されるので、そういった環境でも使いやすい、きちんとした リンクを心がけてください。



コメントは受け付けていません