Javascriptの保存方法

JavaScriptは別ファイルにしてキーワード密度を保つようにしましょう。
SEOでは検索エンジンがJavaScript を評価しないということは、ホームページ中に書かれたJavaScript のデータは、検索エンジンにとってあまり意味のないデータということになります。 まず、 JavaScript がHTML内に記述されると、それだけでホームペー ジ中のキーワード密度を下げることにつながります。 さらにbodyタグの直後など、キーワードが重要視される場所に記述してしまうと、せっかくの特等席を無意味なデータに取られてしまうことにもなります。 こういった事態を避けるため、 JavaScript は別フ ァイルに保存すると良いでしょう 。HTMLでは、 JavaS cript だけを別のフ ァイ ルとして保存 しておき、ホ ームペ ージからはただファイル名を指定して呼び出すよ
うにすることも可能なのです。CSSの場合と同じやり方です。

HTML中に JavaScript を記述する場合はscriptタグを利用します が、 JavaScript を外に出すには、そのscriptタグ内でファイルを指定します。JavaScript のファイルは. jsという拡張子にするのが一般的です。.js ファイルの中には、 JavaScr ipt のプログラムだけを記述します。



コメントは受け付けていません