• カテゴリー別アーカイブ Uncategorized
  • 拡散性の高さ

    現代に生きる消費者は、商品を買うという行動を起こす前、インターネットを利用して検索という行動を行っていると言えるでしょう。そもそも、インターネットの利用者というのはどれくらいいるのでしょうか。近年、総務省の発表したデータによると、インターネット利用人数は、人口を母数として約8割を超えていると言われているようです。広告という媒体で考えてみても、テレビCM、電車の中吊り広告、新聞の折込チラシといったように、オフラインの状態のものも多く存在しているようですが、このネット利用者の数を見ると、検索結果で上位に出ることの広告性や、重要性がうかがえるのではないかと思います。 また、近年ではSNSを通じた利用者による情報の拡散も多く、Webサイト自体の露出を高めるといったことの重要性が年々高まっているといえるでしょう。
    また、検索エンジンの検索結果には、リスティング広告というものがあるようです。 リステイング広告というのは、利用者が特定のキーワードで、検索を行った際、同様の商品などの広告を表示してもらうよう、費用を払って出す広告と言えるでしょう。しかし、単にSEOで上位表示することが可能であれば、この費用をかけずにWebサイトが露出することになるのは明白でしょう。SEOは、費用のかからない露出方法と言えるため、数あるオンライン広告と比較すると、費用対効果抜群の施策と言えるでしょう。


  • ユーザーへのアプローチ

    SEO対策というのは、インターネット検索の結果を上位に表示することがゴールではないと言えるでしょう。「検索結果を上位に表示すること」だけがゴールではなく、Webサイトへの流入を増加させるための方法であり、この対策すらも、企業の売上を増やすという目的達成のためのひとつの通過点に過ぎないと言えるでしょう。SEO対策の効果を「上位へ表示させること」と捉えるのではなく、SEO対策によって得られる本当のメリットというものについて、正しく理解しておくことが重要でしょう 。
    SEO対策というのは、ズバリ購買意欲が高い利用者にアプローチできる対策であると言えるでしょう。
    現代では、インターネットが普及し、なんでもインターネットで購入できる時代であるともいえるでしょう。購買行動を表すモデルがあるというのはご存知でしょうか。 これは、消費者が商品を購入するまでのプロセスの頭文字を取ったもので、注目すべきは、購買行動や消費行動などを起こす前に、検索行動があるということを示しているといえるものでしょう。例えば、ファンデーションが欲しいと思ったとき、流行りや好きなブランドのページを見たり、他ブランドで似たような商品を扱うサイトを見たりというように、比較や検討において、検索行動がみられるでしょう。多くの消費者は、商品を買うという行動を起こす前に検索という行動を行っていることが分かるため、SEO対策とは、購買意欲の高い状態の消費者へのアプローチに繋がるというメリットがあると言えるでしょう。


  • 読みやすい・わかりやすいも品質のひとつ

    webページの品質は、内容以外にも「読みやすい」「 わかりやすい」ことも大事です。たとえば、情報量としては充実していても、業界用語が使われていたり、回りくどい表現だったりして、読んでいる人がさっぱり理解できないようでは、良質とはいえません。
    先ほどのワインリストの例であれば、日本人向けなのにすべてアルファベットで書かれていたり、詳しい人にしかわからない専門用語が使われていたりでは、読み手としてわかりづらいワインリストになってしまいます。そうではなく、ワインの味が素人にもイメージしやすい言葉で書かれていたり、ワインボトルの写真があったり、産地の解説が図解とともに書かれていれば、 webページの満足度はより高まるでしょう。
    そして、改行がまったくない、文字が小さすぎる、黒色の背景に青文字で書かれているなど、読みづらいwebページでは、どれだけ情報が充実していても、満足度は低くなってしまいますので、良質とはなりません。


  • |不正なリダイレクト

    スパム行為と呼ばれる反則技の種類に「不正なリダイレクト」というものがあります。これは、metaタグのrefreshを使ったスパム行為であり、不正でなく、正しく使う方法は、「○○のホームページは移転しました」、「100秒後に新しいホームページに移動します」というようにご案内などに使われる事が多いのではないでしょうか。それをSEO対策として悪用するとは、どのような方法なのでしょうか。これは、検索サイトのクローラーに対しては、SEO対策済みのページを読み込ませ、検索結果で上位に掲載させ、来訪者に対しては、アクセスした瞬間(0秒後など)に別のページをリタイレク卜して表示させるというものです。JavaScript を使っても同様のスパム行為が可能と言えるでしょう。
    すべてのリダイレク卜がスパム行為とみなされるわけではなく、正しい使い方の場合は、問題ありません。しかし、念のため転送時間を10秒程度に設定したり、リダイレク卜の前後でページの内容がほとんど同じといった場合にのみ使うのが安全でしょう。それでも心配な方は、旧ページに新ページのURLを掲載し、来訪者には通常のリンクで新ページに移動してもらう方法を取れればスパム行為として通報されることはないでしょう。


  • 検索している人ってどんな人?

    想像してみてください。 「ハワイ 旅行 格安」というように検索をしている人はどのような人と思われますか?「ハワイ旅行に格安で行きたいな」と考えているひとではないでしょうか。「ランチ 渋谷 イタリアン」というような検索をしている人は、きっと「渋谷ランチをしたいけど、イタリアンとかあるかな」とお店を探している人なのではないでしょうか。ネット検索をする人というのは、目的があって緊急度も高く、早く情報が欲しい場合が多いと言えるでしょう。こういった、意思のあるお客さんだからこそ、自身の運営するサイトに来てくれたらうれしいと思いませんか?検索をかけているお客さんを獲得するということは、つまり、売り上げに直接的に関連するということがわかるのではないでしょうか。お客様を逃さないためにも、自身のサイトの検索結果を1位に(1位に近いところに上位表示)できるというのは重要なことと言えるでしょう。こういったことが理由となり、近年SEOをがんばる会社が増えていると言えるでしょう。
    ぼんやりインターネットサーフィンしている人を、なんとなく待っているだけでいいですか?
    それとも積極的にキーワードを打ち込んで探している人と、確実に出会っていきたいですか?


  • ズルや悪質な行為にはレッドカード

    ペナルティを受けてしまったということは、ガイドライン違反を行なってしまったからと言えるでしょう。主に、悪質な行為やスパム行為に対して行われるものですが、検索エンジンの進化により、思わぬミスがペナルティの理由となってしまうこともあるでしょう。悪質なものとしては、ページへのアクセスリを増やしたいためだけに、リンクを購入するといったものや、ほかのページの複製など、検索エンジンの目を誤魔化すようなずるい行為がペナルティの対象となるようです。ペナルティはレッドカードの働きがあり、受けてしまったら、問題とみなされた部分を改善し、再審査をクリアしなければページを表示してもらうことすらできないようです。しかし、審査をクリアするために使う時間や労力とうのは果てしないものと言えるでしょう。ペナルティを受けなくて済むよう、サイト運営には最新の注意を払っていくことが必要でしょう。軽い考えで行ったズルが、数ヶ月にわたるペナルティとの戦いになってしまわないよう、しっかりと管理することがたいせつです。最悪、サイトを手放し、新たなサイトを立ち上げるところから始めなければならないといったことにもなりかねません。誠実に、ホスピタリティ溢れるサイト作りを心がけることが望ましいでしょう。


  • WEBサイトを宣伝する

    自身のサイトを作成したら、次なるステップとして、検索サイトにそのサイトを知ってもらわなければならないでしょう。検索サイトが自身のサイトを知らないということは、簡単に言えばメールアドレスは作ったけど、誰にも知らせていない状態と言えるでしょう。検索サイトへの登録というのは、現在では費用が発生するようになってしまったようです。検索サイトの巡回によって勝手に登録されるといった場合もあるようですが、それがインデックスにいつ掲載されるかどうかというのは、まったく分からない状態のようです。商業的な要素のない趣味サイトといったものであれば登録などせず、自由に楽しめば良いですが、仕事でホームページを展開するといった場合、そういうわけにはいかないのが正直なところでしょう。サイトを宣伝することを考えるのも重要ですが、まずはそのサイトがきちんと機能するかどうかをじっくり試すということも重要でしょう。検索連動型の広告を出す前に、そこがかくにんできていなければ、いざ指導した際、アクセスを受けられない状態ではサイトを運営している意味がないと言えるでしょう。自身のサイトアクセスの受け皿を確認したうえで、宣伝費を使うべきと言えるでしょう。もし、アクセスを受けきれていないといった場合、まず企画段階に立ち戻り、設計から見直すことも大切でしょう。


  • 検索結果に表示されないときは

    SEOをきっちり施したにも関わらず、いつまで、経っても検索結果に表示されないことがあります。そんな時「もしや検索エンジンスパムに判定されてしまったのではないか」と心配になる人もいるでしょう。
    しかし、ちょっと待ってください。慌てる前に、確認すべきことがあります。自分のブログが意図したキーワードの検索結果に出てこない場合、まずは本当にブログが登録されていなしミかどうかを確認しましょう。 やり方は簡単です。あなたのブログのアドレスの前に「site:」を付けて、検索をかけてみましょう 。そこで何も出てこなければ、検索エンジンのインデックスに登録されていないということです。逆に、何か出てくれば、登録されています。
    もし自分のブログがインデックスに登録されていない場合は、基本的には被リンクを増加させると登録されるようになります。ただ、念のために、登録申請するといいでしょう。

    また、一方で、Googleで、インデックスに登録されているにも関わらず、ほとんど検索にかからない場合は、あなたのサイトが「補足」として認識されている可能性があります。
    Googleは、インデックスしたページを「メイン」と「補足」とに分けて認識しているようです。このうち「補足」として認識されたページは、通常のページよりも下位に表示されるといわれています。 ページが補足として認識されているかどうかは、「site: ドメイン名/×××-wbtnsmz」で検索してみてください。

    この検索結果に出てくるページすべてが「補足」として認識されて
    います。
    なお、どのようなページが補足として認識されるのかというと、私の 経験上、「アフイリエイト・タグばかりでコンテンツがないページ」「タイトルが異常に長いページ」です。よって、コンテンツを充実させたり、タイトルを改善すればメインとして認識される可能性があります。
    ただし、この対策も絶対というわけではないので、今のところ決め手がないのが実情です。


  • RSSを活用しよう

    反響のある記事で被リンクを集める場合、 RSS を活用すると効果が高まります。 RSS をご存知でしょうか? プログを見ていると、どこかに 「RSS」が付いたリンクを見かけると思います。ここをクリックすると表示されるこのページは何かというと、プログの 更新情報で、 「RSS フィード」と呼ばれます。つまり、プログはRSSフィードで、更新した記事の情報を流しているのです。ブログの更新 情報をいち早く知りたい人たちは、 「RSS リーダー」という専用のソフトを使って、このページからプログの更新情報を得ています。 これが被リンクと、どうつながるのかというと、特に「はてなRSS」 などの一般公開されているRSSリーダーだと、読者がRSS登録すると被リンクになるのです。つまり、人気プログになると、更新情報を知りたい人が、「はてなRSS」 にプログを登録してくれて、自然に被リンクが増加します。 さらに、人気プログのRSS フィードを取り込んで自分のサイトのコンテンツの一部にする人もいます。人気ブログになると、こういうサイトから一方的なリンクを自然に受けることができ、上位表示できるようになります。 上位表示を狙うなら、 RSS を利用しない手はありません。


  • 対策は、毎回の記事披稿のついででもOK!

    集客テクニックの中で非常に重要なのがSEOです。それでは具体的に、SEOというのは何をすればいいのでしょうか? それを理解するために、まずはブログの仕組みをおさらいしておきましょう。

    ブログというものは、よく日記帳に例えられます。毎日、ルーズリーフ1枚に日記を書いて、日記帳に綴じていくイメージです。ここでは、1枚1枚のルーズリーフが、個別記事になります。 そして日記帳の表紙が、ブログのトップページに当たります。記事を種類別に分類した「カテゴリ」や、日付で分類した「過去ログ」は、さしずめ目次か索引にあたるでしょうか。
    さて、ここで問題です。SEOは、検索エンジンと自分のブログを道でつなぐことと説明しましたが、ブログのどこに「道」をつなげていけば効果的となるのでしょうか?

    もちろん「トップページ」と答える方が多いでしょう。

    ですがここでは「トップページはもちろんのこと、個々の記事も含めたサイトのすべてのページ」と答えるのが正解です。

    トップページだけではなく、個別記事も検索エンジンに引っ掛かるように対策することで検索した際に自分のブログが出てくる確率が大幅に上がるのです。