メタディスクリプション

Googleの検索結果で、titleの下に表示される「ディスクリプション(description)」(スニベットの文章)という極めて重要な要素があります。HTMLでは、「<meta name=”Description” content=”(表示したい概要文)”>」と記述されるもので、コンテンツの概要を説明(=description)した内容と言われています。世間一般では、SEO(検索エンジン最適化)にはあまり効果が薄いと思われていますが、そうとも言えない事象も報告されています。どういうことかと言うと、titleにこのdescriptionの一部が表示されるという事実。このようなことが起こるのも、考えてみればそう驚くことではありません。なぜかと言えば、descriptionの記載に際しては、コンテンツの総括として最も重要と思えるキーワードを盛り込んだり、コンテンツ内の各ページと連携を取りながらの文章が構成されていたりと、このdescriptionで記載されている内容は、ある意味コンテンツのエッセンスでもあると言えるからです。検索エンジンとしてもこのような有効な文章を見逃すはずがありません。検索エンジンは利用ユーザーにとって価値あるWebサイトを紹介することを一義としたアルゴリズムが組まれているでしょうし(そればかりではないかもしれませんが)、Webサイト運営者としても同様の目的で知恵を絞って作成されたdescriptionですから、両者の思いが一致した内容であれば検索結果へ反映されるのも当然と言えば当然ではないでしょう。ただここで気を付けないといけないのは、どんなに内容が良くても、重要ポイントを極力前にもってくるような配置の工夫がなされていないと、十分な効果が得られないということです。