HTML設定

HTMLで色を設定するためには、大きく2つの方法があると言われていますが、基本的には色指定をするにはCSSを利用することが推奨されているでしょう。ここではHTMLを用いたホームページ制作を取り上げるため、2種類の色設定を紹介します。ひとつ目は「#」の後に、赤「r」、緑「g」、青「b」という値を、00〜ffの16進数の6桁で表現するようです。黒を例にあげて考えてみると、「#000000」という表示になるという考え方でしょう。また、もう一つの設定として、色の名前で指定するという方法が挙げられるでしょう。これは、難しく考えることなく、直接的に色名を入力して設定する方法と言えるでしょう。基本的に、大文字と小文字は区別されないため、細かく注意する必要もないでしょう。基本的な16色を上記の2種類で表示すると以下のようになるでしょう。
#ff0000=Red・#ff00ff=fuchsia・#800080= purple・#800000= maroon・#000080= navy・#0000ff= blue・#00ffff= aqua・#008080= teal・#008000= green・#00ff00= lime・#808000= olive・#ffff00= yellow・#000000= black・#808080= gray・#c0c0c0= silver・#ffffff= white
また、HTMLでの「長さ」設定をしたい場合、大きく3種類の方法があると言えるでしょう。どの方法を設定すべきかどうかは、好みではなく、扱うものの要素によって違ってくるようです。ひとつめの方法は、ピクセル数を用いた設定で、ピクセル数を「単位」として整数指定する方法でしょう。2つ目の方法は、パーセントを用いた設定で、基準と設定した水平方向もしくは垂直方向の長さに対して、「割合」をつけてパーセント指定する方法でしょう。3つ目の方法は、比率を用いた設定で、「*」を利用した割合による設定と言えるでしょう。上記3種の方法を同時に設定した場合、最初に「ピクセル数」と「%」で設定された分が確保され、残った分が「*」の前についた数字の割合で分配されるとことになるでしょう。例えば60ピクセルに対し「,2,3*」と指定した場合、60ピクセルを6分割し、それぞれ10、20、30ピクセルということになるでしょう。フレームを分割するときなどに多く利用されるのではないでしょうか。