HTMLでのページ作成手順

1からホームページ作成をしようと考えたときに、HTMLで書くという方法を聞いたことがあるかもしれません。HyperText Markup Languageの頭文字を取ったものです。ホームページはHTMLという言語で書かれており、その言語を組み合わせていけば形にすることができます。「ブラウザに表示をさせるための特別な言語」とも言いかえられるでしょう。これは<>に挟まれているタグというものの組み合わせで構成されており、このタグを使って「文字に色をつける」「リンクを貼る」などの指示を出すことができます。ファイルの拡張子は「.html」になるため、自分のパソコンが対応していない場合には、初めに拡張子の設定をする必要があります。では、実際にどのような流れでHTMLタグを使ってホームページを作成していくのでしょうか。まず初めに、HTMLを使う環境を整えましょう。テキストエディタ、ブラウザの2つが必要です。テキストエディタは自分の使いやすいもので、ブラウザはChromeを入れておけばまず問題ありません。次に拡張子が「.html」になっているファイルを作成し、タグを組み合わせて文書を入力していきます。完成したら、実際にwebサーバーにアップをしなければなりません。この作業を行わなくては、ホームページとしてアクセスをすることができません。FTPソフトという、外部パソコンと接続するためのソフトを利用して、ファイルのアップロードをします。このとき、FTPソフトの外部接続の設定もきちんと行っておく必要があります。Webサーバーにアップロードが完了した後は、実際にURLを入力して、ブラウザで表示できるかどうかを確認してみましょう。ホームページ作成はシンプルな手順で行うことができますので、まずは流れの把握のために試してみましょう。