1ユーザーとしての視点

皆さんは、1ユーザーとして、 Web サイトを巡回している中で、広告ばかりが目立つウェブサイトをどのように感じていらっしゃいますか?同じ運営側からの立場として、そのようなリサーチを行うことは、興味深いことかもしれませんが、1ユーザーとしては、大変圧力のあるウェブサイトというような形で、サイトを訪問することを、断念してしまうことがあるかもしれません。実際に、広告などでの圧力の高いウェブサイトなどでは、お客様の離脱率などに影響が出ているようです。最近は、全ての事が、広告やプロモーションに繋がっているなどとも言われ、テレビ番組を見ていても、番組の途中で、告知があったりですとか、様々なプロモーションが入ることが多いようです。このようなことに慣れているユーザー達は、実際は広告ばかりが目立つメディアに対して、ストレスや不満を抱いているようでもあるのです。何よりも、ユーザーにとって使いやすい、または、ユーザーたちが居心地の良いというようなウェブサイトづくりは、 SEO などの観点からも評価が高いなどとも考えられています。実際に、ユーザーたちが快適なウェブサイトであるなどと感じているポイントとしては、「新規で訪れているにも関わらず操作方法がわかりやすい」また「コンセプトが伝わりやすいサイト」「運営者からの心地よいナビゲーションが感じられる」などといったような意見も寄せられているようですので、ユーザー目線から考えたウェブサイト作りというものは、一体どのようなものであるのかという原点に立ち返ってみることも大切ですね。