超高齢社会でのWebサイト・ニーズ

超高齢社会などと言われている現代日本社会では、多くのシニア層が 、Web サイトなどを利用することによって、様々な知識や情報を得てもいるようです。実際には、パソコンの利用やモバイル端末などを利用することを避けているシニア層もいるようですが、積極的に、このような新しいツールを利用することによって、新しい発見を心よく考えているシニア層もいるようです。インターネットを利用したことがない人々が、 Web サイトなどを利用すると、多くのトラブルや問題点が見つかるようです。例えば、パソコンなどのマウス利用やキーボードの利用なども、実際に、今までこのようなデバイスツールを利用したことがない人が、操作すると大変ストレスを感じるなどと言われています。また、高齢者に多い行動パターンでもあるようなのですが、 Web サイトなどを開いた際に、スクロールすることができないというような問題でも見つかるようです。実際に、テレビを見るように表示されている画面だけが、全てだと思い込んでしまい、その画面を見終わると、次のサイトに移ってしまうというような現象も起きるようです。実際に、皆さんがWebサイトを運営する際に、どのようなターゲットがどんな問題を抱えて、使用しているのかというような形で、ウェブサイトの運営や制作レイアウトに含めて、検証していかなくてはならない問題ではないでしょうか。 SEO の観点からしてみても、実際にユーザーたちに、利便性のあるウェブサイトが何よりも望ましいと考えられていますので、今後は、超高齢化社会などにおいて、どのようなターゲットが、どんな利用しているのかというようなターゲット層の詳細なリサーチが必要となってくるかもしれませんね。