多様なデバイスと検索サービス

現在は、スマートフォンなどのモバイル検索が、検索サービス利用者の全体の大部分を占めているなどとも言われています。実際に、皆さんの Web サイトがモバイル操作しやすい Web サイトであるかどうかなどは、「モバイルフレンドリー」などと呼ばれる用語によって表されているようです。また、検索エンジンなどの検索結果上位に評価されるためには、実際にはモバイルで操作しやすいウェブサイトであるといったような、モバイルユーザーを意識した形での Web 運営が重要とされています。そこには、モバイルの通信環境を考慮したような Web ページの表示速度などをも高い評価を受けるためには、必要不可欠であるようです。実際には、パソコンからの検索サービスの利用者が0になったというわけではなく、パソコンの利用者も含めて、スマートフォンの利用者が増加している傾向にあるというような考え方を、持った方が良いかもしれません。ビジネス関連の検索サービスの利用者においては、パソコンからのサービス利用が、主であるなどといったようなリサーチ結果も出ているようです。実際には、インターネットの利用頻度が増えることによって、多種多様な複数の端末で検索サービスが利用されるようになった結果であると、捉えてみてはいかがでしょうか。ユーザーたちの行動パターンとしては、まずは、手短なスマートフォンなどで、あらかじめ情報収集を行った上で、自宅などでゆっくりくつろぎの時間とともに、パソコンなどでサイド情報収集を行いながら、実際の商品購入につながる行動パターンなどが見られてもいるようです。また、通信販売などを利用せずに、そのままデパートや百貨店などで、店舗購入をするような人々の行動パターンを見られるようです。人々は、様々なディバイスを生活のスタイルによって使い分けているといったような傾向が見られるようですね 。