拡散性の高さ

現代に生きる消費者は、商品を買うという行動を起こす前、インターネットを利用して検索という行動を行っていると言えるでしょう。そもそも、インターネットの利用者というのはどれくらいいるのでしょうか。近年、総務省の発表したデータによると、インターネット利用人数は、人口を母数として約8割を超えていると言われているようです。広告という媒体で考えてみても、テレビCM、電車の中吊り広告、新聞の折込チラシといったように、オフラインの状態のものも多く存在しているようですが、このネット利用者の数を見ると、検索結果で上位に出ることの広告性や、重要性がうかがえるのではないかと思います。 また、近年ではSNSを通じた利用者による情報の拡散も多く、Webサイト自体の露出を高めるといったことの重要性が年々高まっているといえるでしょう。
また、検索エンジンの検索結果には、リスティング広告というものがあるようです。 リステイング広告というのは、利用者が特定のキーワードで、検索を行った際、同様の商品などの広告を表示してもらうよう、費用を払って出す広告と言えるでしょう。しかし、単にSEOで上位表示することが可能であれば、この費用をかけずにWebサイトが露出することになるのは明白でしょう。SEOは、費用のかからない露出方法と言えるため、数あるオンライン広告と比較すると、費用対効果抜群の施策と言えるでしょう。