スパム行為「クローキング」

スパム行為と呼ばれるものには、いくつかの種類や手口があるため、せっかく手間をかけてWebサイトに施したSEO対策が、知らない聞にスパム行為と判定されてペナルティを受けることがないよう、あらかじめスパム行為の種類や手法を把握しておくことが望ましいと言えるでしょう。
まず「クローキング」というスパム行為をみていきましょう。これは、周到な準備として、まずふたつのWebサイトが用意されています。ひとつ目は、来訪者に「見てもらうための」Webサイト、ふたつ目は検索サイトのク口ーラーと呼ばれるロボットを「編すための」Webサイトです。検索サイトのクローラーも、来訪者が使っているInternet Explorerや、Firefoxといった各種ブラウザも、User-Agent(ブラウザ名)や、リファラ(直前に閲覧していたぺージ)、またIPアドレスといった情報を送信しています。こういった情報を利用し、検索サイトのクローラーか来訪者かを判別し、サーバーが接続するWebサイトを自動的に振り分けるといったやりかたを「クローキング」と呼んでいます。