ズルや悪質な行為にはレッドカード

ペナルティを受けてしまったということは、ガイドライン違反を行なってしまったからと言えるでしょう。主に、悪質な行為やスパム行為に対して行われるものですが、検索エンジンの進化により、思わぬミスがペナルティの理由となってしまうこともあるでしょう。悪質なものとしては、ページへのアクセスリを増やしたいためだけに、リンクを購入するといったものや、ほかのページの複製など、検索エンジンの目を誤魔化すようなずるい行為がペナルティの対象となるようです。ペナルティはレッドカードの働きがあり、受けてしまったら、問題とみなされた部分を改善し、再審査をクリアしなければページを表示してもらうことすらできないようです。しかし、審査をクリアするために使う時間や労力とうのは果てしないものと言えるでしょう。ペナルティを受けなくて済むよう、サイト運営には最新の注意を払っていくことが必要でしょう。軽い考えで行ったズルが、数ヶ月にわたるペナルティとの戦いになってしまわないよう、しっかりと管理することがたいせつです。最悪、サイトを手放し、新たなサイトを立ち上げるところから始めなければならないといったことにもなりかねません。誠実に、ホスピタリティ溢れるサイト作りを心がけることが望ましいでしょう。