SEO(検索エンジン最適化)にとって重要なタグとして「title」や「description」があり、それに次いで重要と言われるものに「大見出しタグh1」があります。これは見出しタグの一つで、その他h2~h6まで使用が可能であり、後の数字の小さいタグほどSEOにとっては重要とされています。この大見出しタグh1はコンテンツを構成するWebページのテーマを表示するという位置づけにあり、h2はh1の内容を更に踏み込んで記載されているという構図になります。したがってtitleやdescriptionで記載されている重要キーワードとも関連性を持たせつつ、検索ユーザーに価値あるコンテンツであることを示すものとして、記載内容については十分検討の上、記載漏れのないよう心掛けておく必要があります。h2~h6までの見出しタグは、随時必要に応じ使用することになります。記述方法の基本は、必須のh1配下にh2~h6まで入れ子形式(階層構造)で追加記載していきます。これらのhタグ含め、具体的な記述方法については、Webサイトやブログ作成で使用するWordPressやAmebaといった無料ツールでは、HTMLに不案内な人でも編集可能なように機能化されています。ちなみに、WordPressはCMS(Content Management System:コンテンツ管理システム)の一つで、基本的にはサーバーの使用を前提として、HTML等の詳しい知識がなくともブログやHPを作成できる、現状最も広く使われている無料ソフトウェアです。オープンソースのソフトウェアのため、日々進化しており、広く使われているため日本語版解説書等も整備されています。さらにトラブル発生時の解決方法も見つけやすくそういう意味でも使い勝手の良いソフトと言えます。使い方に慣れるため、サーバーを使用せずPCにインストールして学べるソフトもあると聞いています。その他プラグインを使用した機能追加やカスタマイズに便利な機能もあるようです。