フレームページ

SEO対策ではフレームページは良くないといわれています。「フ レーム」とは、 lつのウインドウ内を自由に分割して、 HTMLを複数表示することができる機能のことです。 フレームを使ったWEBページでは、各フレームごとにスクロ ールバーが表示されるのが特徴です。画面左側にメニューを、右側に実際の コンテンツを表示するような場合、
フレームを使えばメニューと 実際のコンテンツを別々のファイルに分けることができ、メンテナンスやデータ更新が楽になるなどなかなか便利でした。そのため、かつてはたくさんのサイ トでフレームが利用されていました。しかし最近では、フレームを利用するサイトは少なくなっています。その理由の lつに、フレームとSEOの相性があまり良くないことが挙げられます。フレームを使ったホームページを作成する場合には、まず「どのよう にフレームを分割して、それぞれのページにどのHTMLファイルを表示 するかという情報だけを指定するHTMLファイルを作成します。つまりフレームを定義しているHTMLファイルには、実際のコンテンツは全く書かれていないことになります。そのため、検索エンジンの巡 回ロボッ卜がそのHTMLファイルを読み込んだ場合、ロボットにはそのページが何もキーワー ドを含んで、いない空のページに見えてしまうことになり、そのページの評価はSEO的に非常に低いものになってしまいます。また、フレーム内に存在する個々のコンテンツページについても問題が生じます。 lつは、それぞれのページへのリンクがフレームページに貼られることが多くなるため外部リンクが増えず、リンクポピュラリティやアンカーテキストによるページとキ ーワードとの関連づけがあまり期待できなくなります。加えて、各々のページが検索できたとしても、検索エンジンからそのページに直接リンクが貼られてしまうと、検索エンジン経由の訪問者はフレームページを介さず直接そのページを表示してしまうため、ページを作成した際に意図したものとは異なる見え方になってしまいます。



コメントは受け付けていません