Webサイトのコンテンツ作りで作成されたページの概要文ともいえる文書は、検索結果のスニペットに「ディスクリプション(description)」で表示させることが可能です。記述形式としては、「<meta name=”Description” content=”(表示したい説明文など)”>」となります。この時入れ込む「表示したい説明文など」は、文章形式にこだわる必要はなく、重要キーワードを盛り込んだうえでページ概要を簡潔にかつ明瞭に記載されていれば良いと言われています。この理に従えば、コンテンツ内で重要と考えられる項目を網羅する形でも問題ないのですが、検索ユーザーからみて、わかりやすく理解しやすい内容とするためには、やはり強調したい部分をはっきり主張しているようなメリハリの利いた内容とした方が好まれ、CTR(クリック率)を高める点でも有利と思われます。例えば、商品購入に関係するWebサイトを考えているのであれば、その商品の「特徴」はどういう点か、「値段」はどの位か、「購入するメリット」はどこにあるのか、といった情報がアピールできるよう文章構成していくのが良いでしょう。検索ユーザーはアバウトな情報より、より具体的な情報を求めていることが多いと考えられるため、このような書き方が効果的と思われます。