検索結果で表示される中で、title部の下のスニペットに記載されている文章が「ディスクリプション(description)」と言われものです。記載されている内容は、検索エンジンのロボットで該当するWebサイトのコンテンツから検索クエリに一番適切と判断した概要文を作成し表示されています。ただし、Webサイト運営サイドから作成表示させることも可能です。このディスクリプション内で検索クエリに該当するキーワードは太字で強調されているため、検索ユーザーにとってディスクリプションの内容が先に進むサイトを選ぶ判断材料となっています。ということは、このディスクリプションに記載された内容がCTR(クリック率)にも影響を及ぼしていると言っていいでしょう。具体的には、「<meta name=”Description” content=”(表示したい説明文など)>」という形で記述されます。ただし、検索クエリに含まれるキーワードが「表示したい説明文など」に含まれていない場合、検索ロボットがコンテンツ内で予期しない個所を抽出し表示される場合もまれに見受けられるそうです。最終的に検索結果に挙がってくれば、それでもいいと言えなくもないですが、できれば意図する内容で表示されるに越したことはありません。そこで、どのようなやり方がいいのか検討したうえで作成していく必要が出てきます。ディスクリプションとは