JavascriptとSEO

SEO対策を行う際、Javascriptに対してどのように対応すればよいのでしょうか?
検索エンジンはJavascriptを読みません。JavaScriptとはホームページ内に埋め込めるブラウザ側のプログラム言語のことで、多くはホームページの動画などの性能を高めるための場所で利用されています。 以前はブラウザ聞の互換性の問題があったりとあまりよい使用方法が分かっておらず、JavaScriptが適切に利用されることが少なかったのですが、反対に最近では、様々なホームページが積極的にJavaScriptを活用しているのです。 これはなぜでしょうか?実はJavaScriptはHTML中に直接プログラムを記述することで取り入れられるため非常に便利なのです。そのため、現代のホームページ作成においてJavaScriptは必要不可欠とも言えます。ただ、実は、JavaScriptは検索エンジンとはあまり相性が良くありません。ほとんどの検索エンジンはJavaScriptを無視するからです。そもそも一般的にJavaScriptが使用されるのは、ユーザーがブラウザなどでページを閲覧する際の機能を高めるためであり、そういった機能が重要ではない検索エンジンにからすると、わざわざJavaScriptを読んで、中身を解釈する必要はないのです。そのため、JavaScriptを使っているページでは、検索エンジンがJavaScriptを「無視する」ことを念頭において、SEO対策を行う必要があります。



コメントは受け付けていません