URL正規化

URL正規化の効果
SEO対策では、URLを統一することが非常に大事です。HTMLのタグを使ったテク ニックには、 URL正規化と呼ばれるものもあります。 これは 2009 年から新たに導入された手法で、現時点ではYahoo ! Google、MSNの3つでサポー トされているものです。やり方はHTMLの<head>~</head> 要素の間に、 <rel =”canonical”>タグを入れるだ けです。
<link rel= “canonical ” href= “http : // www .sample.co.jp”>
正規化したい URLを入れる
この方法でURLを正規化しておくと、ページを巡回 しにきた検索エンジンのロボッ トに、「検索結果にはこのURLのページを表示」と伝えることができます。つまり、検索結果にリストアップされるページを、ある程度こちらで指定できるわけです。URLを統一することで外部からの被リンクを一つのドメインに集中させられます。
サイ ト訪問者の識別に、セッション10 なと守識別用パラメ ータ を使っている場合、個々の訪問者が異なるURLであなたのサイ トを閲覧 することになります。サイトにアクセスするURLが、訪問者の数だけ存在している状態です。 このとき検索エンジンのロボットが、訪問者が使 っている UR Lでページにアクセスすると、検索エンジンがどのURLを検索結果に反映させるかを迷って しまいます。 これはサイトの運営側と検索エンジンの双方にとって、好ましくない状況です。しかし、ベースのURL をあらかじめ正規化しておけば、ロボットが複製されたURLで巡回してきたときにも、「このURLで検索結果に表示と伝えることができます。 そのため、検索エンジンも迷うこ となく、正しいURLでページをリストアップしてくれます。SEO対策には欠かせない重要な要素です。

☆SEO対策を格安でやるなら格安SEOの東京SEOメーカーがおすすめです。