SEO対策を行う際、Javascriptに対してどのように対応すればよいのでしょうか?

検索エンジンはJavascriptを読みません。JavaScriptとはホームページ内に埋め込めるブラウザ側のプログラム言語のことで、多くはホームページの動画などの性能を高めるための場所で利用されています。 以前はブラウザ聞の互換性の問題があったりとあまりよい使用方法が分かっておらず、JavaScriptが適切に利用されることが少なかったのですが、反対に最近では、様々なホームページが積極的にJavaScriptを活用しているのです。

これはなぜでしょうか?実はJavaScriptはHTML中に直接プログラムを記述することで取り入れられるため非常に便利なのです。そのため、現代のホームページ作成においてJavaScriptは必要不可欠とも言えます。

ただ、実は、JavaScriptは検索エンジンとはあまり相性が良くありません。ほとんどの検索エンジンはJavaScriptを無視するからです。そもそも一般的にJavaScriptが使用されるのは、ユーザーがブラウザなどでページを閲覧する際の機能を高めるためであり、そういった機能が重要ではない検索エンジンにからすると、わざわざJavaScriptを読んで、中身を解釈する必要はないのです。

そのため、JavaScriptを使っているページでは、検索エンジンがJavaScriptを「無視する」ことを念頭において、SEO対策を行う必要があります。

SEO対策のルール

SEO対策はコロコロとやり方が変わって作業の的が絞れない。そう言って、 SEO対策に対して苦手意識を持つ人がいるが、実際に変更されているところは細かい部分であって、本筋の部分になっている SEO対策の“ルール”は、ほとんど何も変わっていないと言ってよい。

SEO対策で結果が出るのには3ヶ月から半年という長い期間が必要である。狙った検索キーワードに競合が多ければ、結果が出るのに1年以上の時間がかかることもザラである。しかし、 SEO対策に難しいテクニックは必要ない。 検索エンジンは、よりユーザーに使いやすいものになるために、日々、細かいルール変更が施されている。

リンクの質の選定方法を変更してみたり、サイト内におけるテキストの重要度の認識を変えてみたり、私たちが気づかないような細かいところを変更し て、お客さんによりよい“検索結果”を見せるために、日々、努力しているのである。

しかし、基本的にこういうホームページは検索結果で上位表示させますよというルールは変更しない。なぜならば、そんなことをしてしまったら、お客さんに満足のいく検索結果 が提供で、きなくなってしまうからである。

もし、突然、グーグルの検索エンジンの検索結果が、アイウエオ順になっていたり 、ホームページの色ちがいで並んでいたりしたら、みなさんはグーグルを使い続けるだろうか。 検索エンジン側の立場になって考えると、そんなに検索結果を根底から変えてしまうような、大きなルール変更は、おそらく今後ないということが理解できると思う。

せいぜい、変わったとしても、検索順位が少しイジられるぐらいで、基本的 なSEO対策を続けていれば、また元の検索順位にホームページは戻ってくるのである。

超高齢社会でのWebサイト・ニーズ

超高齢社会などと言われている現代日本社会では、多くのシニア層が 、Web サイトなどを利用することによって、様々な知識や情報を得てもいるようです。実際には、パソコンの利用やモバイル端末などを利用することを避けているシニア層もいるようですが、積極的に、このような新しいツールを利用することによって、新しい発見を心よく考えているシニア層もいるようです。

インターネットを利用したことがない人々が、 Web サイトなどを利用すると、多くのトラブルや問題点が見つかるようです。例えば、パソコンなどのマウス利用やキーボードの利用なども、実際に、今までこのようなデバイスツールを利用したことがない人が、操作すると大変ストレスを感じるなどと言われています。

また、高齢者に多い行動パターンでもあるようなのですが、 Web サイトなどを開いた際に、スクロールすることができないというような問題でも見つかるようです。実際に、テレビを見るように表示されている画面だけが、全てだと思い込んでしまい、その画面を見終わると、次のサイトに移ってしまうというような現象も起きるようです。

実際に、皆さんがWebサイトを運営する際に、どのようなターゲットがどんな問題を抱えて、使用しているのかというような形で、ウェブサイトの運営や制作レイアウトに含めて、検証していかなくてはならない問題ではないでしょうか。

SEO の観点からしてみても、実際にユーザーたちに、利便性のあるウェブサイトが何よりも望ましいと考えられていますので、今後は、超高齢化社会などにおいて、どのようなターゲットが、どんな利用しているのかというようなターゲット層の詳細なリサーチが必要となってくるかもしれませんね。

1ユーザーとしての視点

皆さんは、1ユーザーとして、 Web サイトを巡回している中で、広告ばかりが目立つウェブサイトをどのように感じていらっしゃいますか?

同じ運営側からの立場として、そのようなリサーチを行うことは、興味深いことかもしれませんが、1ユーザーとしては、大変圧力のあるウェブサイトというような形で、サイトを訪問することを、断念してしまうことがあるかもしれません。

実際に、広告などでの圧力の高いウェブサイトなどでは、お客様の離脱率などに影響が出ているようです。最近は、全ての事が、広告やプロモーションに繋がっているなどとも言われ、テレビ番組を見ていても、番組の途中で、告知があったりですとか、様々なプロモーションが入ることが多いようです。

このようなことに慣れているユーザー達は、実際は広告ばかりが目立つメディアに対して、ストレスや不満を抱いているようでもあるのです。何よりも、ユーザーにとって使いやすい、または、ユーザーたちが居心地の良いというようなウェブサイトづくりは、 SEO などの観点からも評価が高いなどとも考えられています。

実際に、ユーザーたちが快適なウェブサイトであるなどと感じているポイントとしては、「新規で訪れているにも関わらず操作方法がわかりやすい」また「コンセプトが伝わりやすいサイト」「運営者からの心地よいナビゲーションが感じられる」などといったような意見も寄せられているようですので、ユーザー目線から考えたウェブサイト作りというものは、一体どのようなものであるのかという原点に立ち返ってみることも大切ですね。

MENU